一握のマラ

シコれども シコれども わが暮らし楽にならざり 「スッ」と屁をこく

Everything In Its Unko Place


Radiohead - True Love Waits / Everything In Its Right Place (Live in Praha)

 

 

7/10 日曜日。

 

僕は選挙に行った。

 

そしてコンビニに向かい、刃牙道を立ち読みした。

 

空は晴天なり。

 

困ったな。

 

もうやることがない。

 

外はこんなにも暑いのに、僕は震えていた。

 

なんて糞なんだ。

 

このままではいけない。

 

そう思って僕は家に帰り、1日30分だけタダで読める漫画アプリでキャプテンを読んだ。

 

イガラシ、かわいすぎるだろう。

 

そしてシコることにした。

 

さすがにイガラシではシコれないので、イガラシと同じように猿顔の嬢で抜くことにする。

 

で、結局「松すみれ」という植物系能力者みたいな名前のAV嬢に行き着いた。

 

古風な名前のわりに黒ギャルなのが高ポイント。

 

途中で「猿というよりゴリラだな」と思いながらも、僕はシコり続けた。

 

イガラシのことなど、もうどうでもよかった。

 

気持ち良かった。

 

f:id:H-IMAGINE:20160718224042j:plain

 

 

 

7/16~18は世間的には3連休。

 

僕には関係ない話だけど。

 

と、普段なら毒づくところが、今回は珍しく、僕も3連休だったりしたわけで。

 

それならば、7/10のような糞な休日×3にしてなるものかといきり立った。

 

3日間の予定を大まかに決め、準備をする。

 

そして迎えた土曜日。

 

自分でもなかなか順調だったと思う。

 

あっという間に時間が過ぎる。

 

夜が始まる。

 

ほの暗い底から電話が鳴る。

 

みっちゃんだ。

 

みっちゃんとは幼稚園からの付き合いになる。

 

ただれた生活を送ってきた彼は、最近ようやく定職に就いた。

 

同時に遊びも地元回帰気味になり、よくみんなを集めるようになっていた。

 

この日もそうだった。

 

何人か集まるようだったので、軽く顔だけ出すことにした。

 

集まったのは近場の公園。

 

0時前に集合の予定がなかなか集まらず、結局全員そろったのは0時半過ぎだった。

 

みっちゃんはみんなでクラブに行くつもりだったが、

 

終電が過ぎてしまったのと、横道が足をねんざしているので白紙に。

 

僕は近場の居酒屋で閉店(AM2:30)まで飲んで帰ることを希望するも、流される。

 

とりあえずコンビニに行って酒を買うことに。

 

嫌な予感がした。

 

結論を言うと、このままAM5時までコンビニと公園を行き来することになる。

 

コンビニで酒を買って、公園へ。

 

酒がなくなれば、コンビニへ。

 

まるで、食っては出しを繰り返す「うんこ製造機」みたいだなと思った。

 

話の内容はあまり覚えてはいないが、間違いなく糞みたいな内容だった。

 

世界中の糞が、今この公園に集められているんじゃないか?

 

Ladies And Gentlemen We Are Floating In Koedame

 

そう思う夜であった。

 


Spiritualized-Ladies And Gentlemen We Are Floating In Space

 

 

 

最近、ヒステリック・ブルーのギターが保釈されたらしい。

 

保釈後の彼のインタビューを読むと

 

「ストレスでイライラしてやった。気持ちよかった。すまんこ」

 

とのことであった。

 

このニュースのことを思い出しながら、僕は思った。

 

もし、スカトロが一般的な世界であるならば、

 

ヒステリック・ブルーの代表曲「春 ~spring~」の

 

「私~歌が好きィ~!!」の部分は

 

私~糞が好きィ~!!」になっていたかもしれない。

 

食事時に

 

「おっ?今日カレーは?」「うんうん、うんこよ」とか

 

「今日の味噌汁、味噌変えた?」「あっ、違うの。それ糞汁」みたいな会話が日常になっているんだろうな。

 

そう思った14時半過ぎ。

 

地獄の集会はまだ続いていた。

 

一緒にいたT氏と横道は5時過ぎに帰って行った。

 

僕も帰ろうとしたが、あと30分だけというみっちゃんのしつこい勧誘に負けてしまった。

 

公園はすでにセミが大合唱。

 

温度もぐんぐん上がってきたので、会場をみっちゃんハウスに移動。

 

30分だけの約束は当たり前のように破られた。

 

朝からワンピースとドラゴンボールを見せられ、そのままみっちゃんのお気に入り動画がエンドレスで流れ続ける。

 

三宅洋平の応援演説をする窪塚の動画を見ながら、僕は生きているのか死んでいるのかわからなくなっていた。

 


窪塚洋介登場「三宅洋平の応援演説パート1卍」

 

 

もちろん何度も帰ろうとした。

 

が、そのたびに「お前しかいない」と引き止められ、

 

心優しい僕は拒否できずにいた。

 

まるでヒモを買うOLのように、情という名の愛の鎖に縛られていたのだ。

 

一方で、そんな鎖を断ち切る剣が生まれようとしていた。

 

僕の体内で。

 

そう、うんこという名の聖剣、いや聖糞が。

 

その時は急に来た。

 

おもわず「holy shit」と叫びそうなぐらい急に。

 

何度も味わってきたこの感覚。

 

間違いない。

 

下痢だ。

 

しかしみっちゃんハウスは訳ありでトイレが使えない。

 

僕はトイレに行きたいと言うと、

 

みっちゃんは「分かった」と言いながら、着替え始めた。

 

近くのコンビに行くつもりだ。

 

しかし、コンビニまでは歩きだと10分弱かかる。

 

間に合うはずがない。

 

むしろ着替えを待っているこの状況すら厳しいものがある。

 

僕は「先に行く」と言い、家を出た。

 

慌てて着替えてついてくるみっちゃん。

 

「コンビニにいこや」と言われるが、そんな余裕はもうない。

 

僕は「間に合わんから家に帰ってするわ」といい自転車のカギを解除した。

 

コンビニと僕の家ではさほど距離に差はないが、使用中の危機がある分、僕は家をチョイスした。

 

みっちゃんは「えっ!?もう帰るの?」と聞いてきた。

 

正直この時、家に帰る気持ちはなかった。

 

うんこをすれば、戻るつもりだったのだ。

 

しかし、うんこを極限までガマンしているこの状態、

 

余裕の全くない状態で、何度も引き止められ、僕の本性がとうとう溢れ出た。

 

「もうええやろ。やることもないし。しょーもないし帰るわ」

 

うんこも少しあふれ出ていた。

 

その後はみっちゃんの顔を見れなかった。

 

家に帰って、パンツについたうんこを見ないといけないから。

 

「ごめんな、おつかれ」と弱弱しくか細い声で身をくるみっちゃんを背に僕は自転車にまたがった。

 

家まで自転車で数分の距離ながら、走馬灯のようにいろいろなことを思い出していた。

 

僕は大学を卒業したが、全く学んだことを生かせない仕事をしている。

 

そして30才を迎えてなお、うんこを漏らしながら帰っている。

 

学問も肛門も使い物にならない人生であった。

 

そう思いながら、家に向かった。

 

f:id:H-IMAGINE:20160719005822p:plain

 

 

家に着くと急いでトイレに駆け込む。

 

案の定、うんこがついていた。

 

映画フォレスト・ガンプで、ガンプがアメリカ中を走り回っている時、ファンが持ってきたTシャツで顔を拭くとTシャツに顔柄が付き、スマイルマークが生まれるというシーンを思い出した。

 

そう思うと少し希望が持てたけど、すぐに泣いた。

 

それは、3連休の後ろ2日がグダグダになるのが実感できたからだ。

 

この時、時計は17時を回っていた。

 

このまま僕は眠るだろう。

 

ずっと。ずぅ~っと。

 

さようなら世界。

 

いつか笑える世界に行きたいな。

 

f:id:H-IMAGINE:20160719004432j:plain

 

 

 

 

 

 

愛なき世界


My Bloody Valentine | Loveless | Full Album (Remastered)

 

あっという間に2016年も1/6が過ぎてしまった。

 

誰の断りもなしに3月がスタート中。

 

早すぎてわけわからん。

 

今が何時か全然知らん。

 

最近は仕事がとてもとても忙しい。

 

それが悲しい。

 

山奥によく出張に行っているせいか、寒すぎて辛い。

 

もう3月なのにね。

 


ZACK DE LA ROCHA & DJ SHADOW - MARCH OF DEATH

 

 

 

 

 

寒いといえば、冬。

 

冬といえば、友人の横道を思い出す。

 

横道は肌寒くなると恋人を求める習性があるのだ。

 

横道の恋話を聞くたびに「あぁ、もう冬か」と思うようになった自分がいる。

 

そして毎回うまくいかず、年末に慰めるのが私の大掃除。

 

落ち込んでハゲ増した彼を励ますために

 

寒空の下、海を見に行くのである。

 

ただそれだけ。

 

それだけではあるけれど、不思議と元気になるわけで。

 

以前、朝日新聞に、さかな君のインタビュー記事が載っていた。

 

内容はいじめられている子供へのメッセージ。

 

そこには自身の経験として、いじめられていた同級生を海に連れて行って一緒に釣りをして慰めたと書いてあった。

 

自然は心の傷を癒してくれる。

 

海、空、山、森、宇宙。

 

なんでもいい。

 

大いなる自然は私たちのチンポ毛、失礼、ちっぽけな悩みを吹き飛ばしてくれるのだ。

 

自然はいつだって中立。

 

言葉はいらない。

 

そばにいるだけの優しさがそこに存在する。

 

まるで魔法みたいだ。

 

ケアルのように私たちを回復してくれる。

 

横道の頭は毛無しだけど。

 

f:id:H-IMAGINE:20160304015356j:plain

 

 

 

 

 

話を戻そう。

 

なぜ毎回毎回、横道の恋は上手くいかないのだろうか?

 

決して、そう決して男前とは言えないが、かといって不細工なわけではない。

 

服装はおしゃれだし、筋肉質でスポーツマンでもある。

 

学歴も優秀で、仕事も世間一般的に見ても素晴らしい会社に勤めている。

 

少し天然なところはあるけど、愛されキャラだ。

 

そして何よりチンコがでかい。

 

デカいったら、デカい。

 

それはもうデカい。

 

でもモテない。

 

100キロのバーベルは持てるけど、女にはモテないのだ。

 

「なぜなのか?」

 

横道がリサーチしておいてくれた超おシャレでカップルばっかりの喫茶店で、コーヒーを飲みながら考えた。

 

そんなとき、ふと流れてきたBGMがBeatlesの「LET IT BE」。

 

イントロを聞きながら横道が言う。

 

「LET IT BEか。John Lennonやな」

 

それを聞いて赤子をあやすかのように優しく答える私。

 

「横道、LET IT BEはPaulの曲やで」

 

流れ続けるLET IT BE

 

「多分、そういうところなんだろうな」

 

そう思った大晦日の夕暮れ時。

 

私は一生忘れない。

 


The Beatles - Let It Be [HQ]

 

 

 

 

 

私は常、日頃から「愛してる」というように心がけている。

 

思いは言葉にしないと伝わらないと考えているからだ。

 

人には感謝を。

 

たまには顔謝を。

 

世の中、こんなにもラヴソングが溢れているのに、

 

なんでこの世界には愛がないのだろうか。

 

EYEをどんなに凝らして探しても見つからない。

 

愛はどこにある?

 

私は

 

私の心は

 

私自身は

 

Iはどこにある?

 


Best Movie Scene: Fight Club "Ending", Pixies: Where is my Mind

 

 

 

 

 

そんな世界の中心で愛を叫ぶKEMONOな私には、言いたいことがある。

 

横道のように愛を見つけられないすべての人間に伝えたい。

 

わかっているだろ?

 

どうしようもない僕達に天使は降りてこない。

 

認めるんだ、現実を。

 

スヌーピーも言っていたじゃないか。

 

「配られたカードで勝負するしかない」って。

 

さぁ、現実を怖がって閉じていたEYEを見開くんだ。

 

配られたカードを見ろ!

 

君のカードの役は

 

見た目はBAKEMONO

 

匂いはKEMONO

 

社会じゃNOKEMONO

 

DAKEDOMO、

 

DAKEDOMO、この事実に気付いてほしい

 

どんなにクソでも、君は、君こそが天使なのだ。

 


【高音質】ドラゴンボールZ ED2 FULL 「僕達は天使だった」

 

 

 

 

 

天使は君のもとには来ない。

 

君が天使だから。

 

世界は君を愛さない。

 

だから君が世界を愛するのだ。

 

家族を、友人を、隣人を、ホームレスも、障害も、キチガイも、メクラも、ドモリ

も、デブも、アトピーも、ロンパリも、テンカンも、天パも、ハゲも、なんだって。

 

なんだって愛するのだ。

 

さぁ、ドアを開けて。

 

自分たちを救ってくれるスーパーマンを待ってるみんなに愛に行こう。

 

そして伝えて。

 

「見放したわけじゃない」って

 

「この重たすぎる愛を一緒に持ち上げよう」と。

 

 


The Flaming Lips - Waitin' For Superman [Official Music Video]

 

 

 

 

 

でも、デモ、DEMOォ~!!

 

外は寒いですからね。

 

しっかり厚着していかないといけません。

 

だからコートを着ていきましょう。

 

えっ?

 

外に着ていく服がない?

 

大丈夫!!

 

そんなあなたに、おすすめの商品がございます。

 

それがこちら!!

 

 

 

f:id:H-IMAGINE:20160304020540j:plain

 

商品ナンバー001

 

Ten-Cのモッズコートになります。

 

ここ数年でファショニスタに大人気となったイタリアのTen-C。

 

元ストーンアイランドのカリスマデザイナーと日本の技術力が生み出した超ハイテク生地の夢のビックバンコラボによって生み出された商品は、まさに死ぬまで着続けれる服。

 

この生地の独特な質感、色味、本当に最高だと思います。

 

 今ならこの大人気のテンシーのコートがアマゾンにて超割引価格で買えちゃいます。

 

急いで下をクリックしてね♪

 

(テンシー)TEN-C(テンシー) PARKA PARKA-15F  MD GREY 48

(テンシー)TEN-C(テンシー) PARKA PARKA-15F MD GREY 48

 

 

 

 

 

 

MOGURA


KIMONOS

 

2016年に入ってから、金遣いが非常に荒い。

 

今月だけで30万円以上は使っている。

 

部屋の中はモノだらけ。

 

私は物に支配されている。

 

要らないものが多すぎる。

 

しかしながら、

 

これだけモノがあっても、私は決して、

 

そう、決して満たされない。

 

本当に必要なものを持っていないから。

 

希望がなさ過ぎる。

 

だから私は、そこに有る希望を求めて、

 

遠路はるばる冷凍都市「凍狂」へとやって参りました。


凍狂はすばらしい。

 

希望が有るから。

 

凍狂は騒がしい。

 

生きているから。

 

凍狂は居心地がいい。

 

一人になれるから。

 

あぁ、仕事も悩みも家族もモノも全部、

 

そう全部、地元にに置き捨てて逃げ出してしまいたい。

 

これは私がゼロになる物語だ。

1/9

Anal Cunt - 5,643 song ep (1989) - YouTube

会社のキチガイがよくアナルセックスをしたいと語ってくる。

その度に私は嫁に頼めという。

それは無理だと答えるキチガイ

そしてこういうのだ。

「お前はやりたくないのか?」と。

私は、はっきりと言う。

「私はアナルセックスに全く興味がない。

ただし、

ただし、

もし、ペニパン付けた美人にアナルを掘らせてくれと言われれば、

10万くれるなら喜んで四つん這いになります」と。

もう何百回繰り返してきただろうか。

去らねば。


らせん

f:id:H-IMAGINE:20160108231747j:image

僕は子供のころから、螺旋が好きです。

今だにノートの端なんかに書いちゃいます。

円にならずに永遠に回ってるあの感じ。

たまらんぜ。

ぐるぐるグルグル

たまらんぜ。

人間関係を最低限に済ましてきた僕だけど、

昨年、同じ趣味を持つ複数人の方とお話ししてみました。

人の輪が広がるあの感じ。

人と人とが繋がって

縁と縁とが繋がって円になる。

そんな風に良いように期待してました。

結果はイマイチでしたけどね。

結局、ぼくには螺旋がお似合いみたい。

一人でぐるぐるグルグル。

内へと。

外へと。

たまらんぜ。


1/7


ゆらゆら帝国 - なんとなく夢を

 

なんとなく仕事をする。

 
なんとなく終わる
 
首まだ痛いし、さっさと帰る。
 
絶対花粉飛んどるわ。
 
明日6時に会社来ての連絡がくる。
 
辛いなぁ。
 
寝ますわ。

1/6


Yura Yura Teikoku (ゆらゆら帝国) - Soft Death (Soft Ni Shindeiru)

 

iPhoneが死にかけているので、新しいパソコンにデータを移行。

 

全然うまくいかない。

 

多分プラグジャックがダメっぽい。

 

私は私で首を寝違えて朝から動けず寝たきり状態。

 

髪切りに行きたかったなぁ。